あなたの旦那様は、晩酌をする人ですか?今回の記事は、「うちの旦那は、お酒もタバコもしないの」という奥様には全く関係ない内容になります。ちなみに、筆者の主人は毎晩お風呂上がりに350mlの缶ビールを2杯飲みます。おつまみは自分で買ってもらうようにしていますので問題ありませんが、ビール1本はだいたい200円ですので、200円×2本×30日=12000円、1ヶ月にかかっていることになります。このビールをなんとか節約出来ないものかというわけで、今回は晩酌代をどうやったら節約出来るかを考えてみたいと思います。

ビールの箱買い

基本中の基本、ビールの箱買いです。これは既に我が家でも実行しています。ビール1本200円に対し、箱買いならおよそ4300円、この中に24本入っていますので、1本あたりおよそ180円で購入出来ていることになります。1本につき20円を節約出来ていることになりますので、20円×2本×30日で1ヶ月1200円節約出来ていることになります。ただし、まとめ買いには落とし穴があります。それは、たとえ1日2本と決めていても、目の前にあるともう一本飲みたくなっちゃうということ。我が家の主人も、普通の日なら2本で我慢してくれていますが、週末や良いことがあったとき、仕事で嫌なことがあったときなどは「もう一本、飲んでも良い?」と聞かれますし、状況によっては私も「あと一本だけだよ」と出してしまいます。これが癖になってしまうようなら、180円×3本×30日で16200円となり、200円のビールを毎日買った方が4200円も安くなるということになります。まとめ買いで節約をするなら消費量に関してはしっかりと管理する必要がありますので、この点だけは気をつけるようにしましょう。

第二、第三のビールに変えてみる

第二、第三のビールというのがありますが、普通のビールに比べてかなり安いですよね。ジャンル的にも正確にはビールではなく発泡酒となっています。第二、第三のビールはディスカウントショップで150円程度で売っています。普通のビールはおよそ200円として、一本で50円、一日2本飲めば1ヶ月で50円×2本×30日=3000円の節約になります。ただ、これはやっぱり欠点がありまして、主人が「やっぱりビールが良いなぁ…」と言うことなのですよね。私にはビールと第二、第三のビールの違いは分かりませんが、毎日飲む人にはやっぱり違うようです。なんだか気分の問題のような気がしますが…。そんなときは、冷凍庫でギリギリまで冷やした発泡酒を出すと、結構違いがわからなくなるのでオススメです。

ビールを焼酎に変えてみる

筆者はほとんど飲まないためよく分からないのですが、ビールよりも焼酎の方が割安であるようです。ネットの通販サイトなどを見ても、4L2000円程度で売っています。焼酎1杯は100mlとして、一日2杯飲んだとしても4Lのボトルが20日持つという計算になります。ということは、1ヶ月では3000円ですね。ビールは1ヶ月12000円かかっているわけですから、なんと9000円も浮くという計算になります。ただ、これは焼酎を水で割る場合の計算です。主人はお酒はシュワシュワしていないと満足出来ないため、焼酎を炭酸水で割ることになると思います。炭酸水が500ml70円としまして、これを毎日1本消費すると2100円、焼酎の費用と合わせても5100円ということになります。これでも毎日缶ビール2杯(月12000円)に比べれば、6900円も節約できるということになります。これはかなりの節約になりますね。もちろん、主人が焼酎のソーダ割りで満足してくれるということが前提ではあるのですが、ちょっとずつ試してみる価値はありそうです。ただし、4Lで買うのですから、お酒の消費量には気を配る必要があります。主人に任せるとどんどんお酒の消費量が増えそうなので、ここは頑張って私がお酒を作らないといけません。

ソーダサイフォンを使ってみる

ソーダサイフォンというのは、炭酸水が自宅で作れちゃうというアイテムです。これを使って炭酸水も節約出来るどうかを検証してみましょう。ソーダサイフォンは、本体が10000円ぐらい、カートリッジが1本100円弱します。このカートリッジを一つ使って、1Lの炭酸水が出来ちゃうのだそうです。500mlの炭酸水のペットボトルが70円ですから、2本分で140円です。1回につき40円節約出来ることになりますから、毎日1L炭酸水を飲むという前提なら、8ヶ月半で10000円のソーダサイフォン代の元が取れることになります。ただし、この計算には落とし穴があります…。それは、炭酸水1Lを2日に分けて飲むと、炭酸が抜けてしまうということ。筆者の家庭の場合、そもそも350mlの缶ビール2本なので、炭酸水1Lも必要ないのですよね…。元々1日に1L炭酸水を飲んでいる人には節約になりますが、1Lも飲まない人には返って損になってしまう可能性があります。

→ソーダサイフォンを楽天で見てみよう

結論

そもそも、自分が飲むものではないので主人が納得してくれるかどうかにかかっているのですが、焼酎のソーダ割りが一番節約になりそうです。炭酸を使わずに水割りかお湯割りにすれば更に節約も可能ですね。少しずつ焼酎にシフトして、それでもビールを飲みたがるようなら特別なときには缶ビールを買うという風にしてみようかと思います。