カビの生えやすい季節になってきました。こんな季節に私達主婦をもっとも悩ませるのは、カビではないでしょうか。特にタイルの目地はカビが生えやすく落ちにくいので、本当に嫌になります。そこで今回は、タイルの目地を真っ白にする方法をご紹介します。

歯ブラシ+クレンザー

タイルの目地の掃除というと、とりあえずは使い古した歯ブラシでこする人が一番多いのではないでしょうか。筆者も基本的には歯ブラシでこすっています。力も入れやすいですし、何より歯ブラシの大きさが目地にピッタリなんですよね。また、洗剤も特別なものではなく台所用のクレンザーを少量の水でペースト状にして使います。クリームクレンザーがある人はそちらでも使えますよ。こちらが掃除前の写真です。

tairu001

我ながら汚いですね…。お恥ずかしい。そして、こちらが歯ブラシにクレンザーをつけてこすった後の写真です。目地以外のタイルの上のカビも、クレンザーを歯ブラシにつけてこすって落としてしまいました。

tairu002

ちょっとは見れる状態になりました!これだけでも、かなり白くなっていることが分かりますね。今はホームセンターなどでタイルの目地専用ブラシというのも売っていて、こちらの方がより効率良く目地を擦れるようになっています。写真の場所はカビがかなり酷いのでこれでは落ちきれていませんが、生え始めのカビなら、この基本の組み合わせでほぼ落ちます。

塩素系漂白剤

クレンザーで表面のカビはかなり落ちましたが、それでも落ちないカビもあります。また、カビは落ちているのですが色が残ってしまっているところもあります。こういったところには塩素系漂白剤を使います。これも台所用のもので試してみます。ご存知かとは思いますが、塩素系漂白剤は劇薬ですので必ずゴム手袋をし、皮膚や目につかないよう慎重に使いましょう。匂いも強烈ですので換気もお忘れなく。今回は歯ブラシにガーゼを巻きつけたものに原液を染み込ませて目地に塗りました。

tairu003

かなり白くなっているのですが、写真だと違いが分かりにくいでしょうか…。ちなみに、ガーゼには穴が空いてしまいました。ザラザラしたところをこすったせいだと思われます。

目地補修ペン

さて、ここまではカビを抜く方法を試して来ましたが、どんなに頑張っても抜けないカビはあります。いや、塩素系漂白剤も使っていますし、カビは居なくなっています。ただ、色素がどうしても残ってしまうのです。ですので、今度は発想を変えて上から白く塗ってしまいましょう。今は目地を真っ白にしてくれる専用のペンがあります。太さが目地にピッタリで塗りやすく、防カビ剤も配合していますので一石二鳥です。1本550円くらいで購入しました。というわけで上のタイルの場所に補修ペンで白く塗ったのがこちらの写真です。

tairu004

はい、流石に真っ白です。ただ、これもカビを落とさずにいきなりこれを塗ると透けて見えると思います。カビが酷い状態のときは、一度しっかり掃除をしてカビを落とした上で塗りましょう。あと、色の濃いタイルの場合、白のインクが目地からはみ出ると目立ってしまいます。私が使ったペンですと、少し乾いたかな…というところでタイルにはみ出た部分をガーゼで拭き取りました。塗る際は、水平の目地を少し薄めにした方が液ダレしなくて良いと思います。

カビを防止する

目地をせっかく真っ白にしても、またカビが生えてしまったら意味がありません。次はその白さを保つ方法です。まず基本は水分を残さないことです。お風呂を使ったあとに残っているちょっとの水滴がカビの原因になります。簡単に水滴を取るのには、車用の小さいワイパーが便利です。100円均一にもありますし、窓用のワイパーもホームセンターに売っています。下の方はワイパーしにくいですので、タオルなどで水分を拭きとっておくと良いでしょう。ただ、毎度のお風呂の後に水を切るなんて現実的ではありませんよね。というわけでこれは少しお金がかかる方法ですが、撥水剤をお風呂の壁に塗ってしまう人も居ます。この方法だと掃除もかなり楽になるので一石二鳥です。お金を少しかけても家事を楽したいという方には撥水剤が一番オススメです。また、基本なことですが換気扇は出来るだけ回しておき、浴室の湿度が高くならないようにしましょう。ずっと換気扇をかけておけない…という方は、お風呂のあと1時間だけでも換気扇をかけておくと少しは違います。

菌を吸い込まないようにしましょう!

タイルの目地が白いと、お風呂に入っても気持ちが良いものです。また、カビはそのままにしておくと知らず知らずのうちに菌を吸い込んでいるのです。吸い込んだカビは様々な病気の原因になります。カビを落として身も心もスッキリしちゃいましょう。