充電電池をダメにしちゃった経緯がありまして、一体どう保管していれば良かったのか、調べてみました。

 

充電電池の種類

まず、充電電池にもいろいろと種類があるのですね。

ニカド電池やニッケル水素電池という種類のものは、電池を使いきってから充電するのが良いようですが、今主流のリチウムイオン電池は使いきってから充電すると、返って電池を傷めてしまうそうです。

 

保管方法

しばらく使わないときに電池を使いきってから保存すると、リチウムイオン電池は完全に使えなくなってしまうこともあるそうなので、気をつけましょう。

また、保管する際に満タンに充電してから保管する方もいるかと思いますが、これも電池を傷めてしまう原因になるのだとか。

「過充電」という状態になってしまうのだそうです。

一番良いのは、しばらく使わないときでも月一に半分ぐらい充電しながら保管することなのだとか。

やっぱり節約の基本は「マメ」にあるということでしょうか。

ズボラさんは大人しく使い捨てが良いかもしれません。