あなたは家計簿をつけていますか?

収入と支出を書き出して、我が家の家計を把握することは、毎月、収入の範囲内で生活するために重要なことです。

特に、最近は普段の買い物にカードを利用する人も多く、インターンネットのショッピングサイトの利用においては、カード払いが基本にもなっています。

そのような現代では、毎月の支払い状況も簡単に把握できず、収入の範囲内で生活することも難しくなっています。

だから、いまでは家庭を持っている人はもちろん、一人暮らしの人でも家計簿をつけるのが当たり前となってきているのです。

あなたは家計簿を続けられていますか?

実は、私は家計簿をつけてはいません!はじめに家計簿の重要性を述べておきながらそんなことを言うなんて、

『いったい、どういうこと?』

と、思った人も多いのではないでしょうか。確かに、私も以前は家計簿をつけていました。

はじめに書いた通り、家計簿の重要性もわかっていますので、私は、積極的に家計簿をつけることに挑戦してきました。

書店にあるたくさんの家計簿を幾つも試してみました。

パソコンの家計簿ソフトを利用したこともあります。さらに、エクセルの VBA で家計簿を作成してみたりも致しました。

しかし、結局どれも良い成果を出すことは出来ませんでした。何故でしょうか?

それは、とにかく手間がかかる作業なんです。

とにかくとても面倒なんです。

そして、すぐに家計簿をつけるのが、苦痛となってしまうのです。

その結果、結局長続きしません!!

みなさんの中にも、同じような経験はありませんでしょうか?

苦痛を伴ってはいけません

そもそも、『なにごとにも、苦痛を伴ってはいけない』というのが私の基本的な考えなんです。

とは言っても、時には苦痛を伴うことに、負けずに挑戦しなくてはいけない時もあります。

例えば、それは学校の試験や入学試験の勉強であったり、社会人であれば、ある大きなプロジェクトを成し遂げるための仕事であったりもします。

でもそれは、すべて短期決戦の場合に限ります。長くずっと続けることではないのです。

家計簿はつけ続けなければ意味がありません。

そういった意味では、苦痛を伴ってはいけないのです。

つまり、家計簿をつけるのに苦痛を感じた時点で、すでに続ける必要はないと考えてしまうのです。

支出の傾向だけをおさえる

家計簿をつけなくても、家計を把握することは必要です。

日々の支出について、何も管理をしなくていいと言う訳ではありません。

では、いったいどうすればいいのでしょうか?

そこで考えたのが、日々の支出の傾向だけをつかむという事です。

例えば、『最近 2、3 日は、ちょっとお金を使い過ぎているなあ。』

であったり

『ここのところずいぶん出費が抑えられているなあ。この調子で頑張ろう。』

などといった具合に、日々の支出の大雑把な傾向がわかる程度のことを把握しておくと言うことなのです。

実はこれが支出を抑える上で大きな効果があったのです!!

家計簿をつけずに支出を抑える方法

具体的にどのように支出の傾向をチェックするのか紹介したいと思います。

kakeibo

① 上図のような簡単なグラフをエクセルなどで作成して、冷蔵庫などの普段から目に付くところに貼っておきます。

グラフの一目盛りは 500 円間隔の大雑把なものでよいです。

② お買い物の際に受け取ったレシートのすべての合計金額を電卓で求めます。

この時「食費」「衣料費」などの費目はいっさい気にせずにすべての合計金額だけを考えます。

また、レシートがない交通費などの出費についてもいっさい考えないでください。

とにかくレシートのある分だけの合計金額を求めればいいのです。

③ 日付と金額より該当するところに点をとって線で結んでください。

kakeibo2

グラフは 500 円単位になっているので合計金額の正確な点をとる必要はありません。

例えば、レシートの合計が 2650 円だったら 2500 円のところに点をとればいいのです。

以上、これだけの作業をすればいいのです。

毎日のチェックに 5 分もかからないと思います。

これだけのことで本当に支出を抑えることが出来るのか疑問に思うかもしれませんが、本当にこれだけで効果が期待できるのです。

何故かと言いますと、このグラフをつけることで日々の支出の傾向が一目瞭然となるからです。

自然と支出を抑える意識が湧いてきます。

kakeibo3

例えば、上図のグラフでは 6 日から 8 日にかけて支出が多くなってきている傾向が一目でわかると思います。

ところが、その後に支出を抑える意識が自然と湧くことによって、9 日、10 日の支出の抑制につながっていきます。

グラフとして支出の傾向を目に見えるかたちにすることによって、しかもそのグラフを普段から目に付くところに貼っておくことにより、特に意識することなく支出を抑制する方向へ気持ちが向いて行くのです。

きっと人間の持つ心理的なものなんでしょうね。

こうして日々の支出の大雑把な傾向をつかむことで自然と支出を抑え、節約へとつなげることが出来るのです。

ま と め

①とにかく手間がかかりません。毎日 2~3 分のチェックだけです。

②日々の支出の傾向が一目瞭然です。

③自然と支出を抑える意識が湧いてきます。

④面倒くさがり屋さんでも長続きさせることが期待できます。

⑤手間と時間をかけない分、余った時間を有効に利用できます。

ぜひ、あなたの節約生活の参考にしてみてください。