毎日節約を頑張っている主婦の皆様、その節約の目的はなんでしょうか。貯金ですか?ローン返済ですか?両方という方もいらっしゃるかもしれません。いざという時のために、老後のために、貯金はとても大切です。しかし、もし車のローンや家のローンを抱えている方は、ちょっとだけ順序を考えてみるのも大切かな、と思います。

それは、貯金の利息とローンの利息はどちらが大きいか、ということです。貯金の利息は、定期預金でも年間0.2%がせいぜいなのに対し、ローンは、借りている先にもよりますが、1%なら低い方で、3%、10%という金利もザラにありますよね。貯金とローンの利息は5~30倍の差があるわけです。

もちろん、急に壊れた家電を買うなどのちょっとした出費に備えて、ある程度の現金を持っておくことは重要です。しかし、その「ある程度」を超えたお金は、ローンを返した方が最終的にはお金が貯まります。大抵の高額ローンには「繰り上げ返済」という制度があります。元本を減らせば利息も減ります。貯金をする前に、ローンがある方はローンを返してしまいましょう。
ちなみに、繰り上げ返済をするよりは1ヶ月あたりの返済額を減らすのではなく、ローンの期間を短縮するようにしましょう。最終的な返済額が少なくなります。